#024 2016 晩夏(ばんか)

小さなひと粒が多くの笑顔を運んでくれるから
タネまきも愛情こめてていねいに

↑昨年収穫したそばのタネを、まんべんなく畑にまいていきます。そばがうまく発芽するには3~4日の晴れが続くのが好条件なので、まいた後は、ひたすら雨が降らないことを祈ります

「大雨時行(たいうときどきふる)」。これは8月初旬ころを示す二十四節気七十二候のひとつで、字のとおり、ときどき降る大雨のことを指しています。例えば、急な夕立や台風などの激しい雨。先日も岩手県内では、1時間に60ミリを超える雨が降り、大変驚きました。同じ日、平泉でも雨は降りましたが、菜園の野菜たちに大きな影響はなく、ホッとしています。ジメジメ、うつうつとした梅雨が明けたと思ったら、突然の大雨。穏やかな晴れが続いてほしいという願いとは裏腹に、思うようにいかないのが天地の恵み。畑しごとをしていると、自然に対する恐れ、感謝、敬意の気持ちを忘れてはいけないなと感じます。

暦のうえではもうすぐ秋。菜園も秋に向けて動きだしています。まずは、しづか亭の看板の「そば」。秋に美味しいそばを食べるには、今がタネをまくタイミング。…といっても収量が多くないので、菜園では食べる用というよりは、花を観賞するために育てていきます。そばのタネは、3~4日の晴れが続かないとうまく発芽をしてくれません。大雨に降られないように、天気予報とにらめっこしながら「今日か明日か」と決断をしていきます。今年は8月4日にタネをまきました。どうか雨が降りませんように。元気にそばが発芽しますように。今日も祈るような気持ちで空を見上げています。

 
ナス、キュウリ、トマト、インゲン、夕顔などなど、夏野菜もまだまだ元気いっぱい。8月の菜園も見て楽しい!食べて美味しい!ので、ぜひ遊びに来てくださいね。毎日6時半から開催している「朝さんぽ」では、野菜の楽しい話を聞きながら、ぐるっと菜園を散策します。朝さんぽで自分で収穫した野菜は、朝食でお出ししますので、ぜひご参加くださいね。お子様の自然体験としても好評ですよ。
◆◆ 「朝さんぽ」の動画はココをクリック♪ ◆◆

 

≪8月収穫予定の野菜たち≫
ジャガイモ/夕顔/シシトウ/ネギ/大根/キャベツ/プチピープロ/小カブ/ベビーリーフ/リーフレタス/ナス/トマト/ニンジン/キュウリ/大葉/ピーマン/オクラ/トウモロコシ/枝豆

 

→夏の菜園は休んでいるヒマがありません。わんさか育っている野菜たちを収穫したり、わき芽をかいたり、草とりをしたり、さらに秋に向けたタネまきをしたり。今年は野菜の種類も多く充実しているので、ますます忙しくてうれしいのです

←「わー、重いっ!」と落としてしまいそうになるくらいの夕顔。これからますます大きくなって美味しくなりますよ~♪

→今年も見事な花を咲かせてくれたハス。昨年よりも花芽の位置が高くて、菜園の池から飛び出しているように見えます。9月頃まで花を咲かせてくれるといいなぁ

夏得ファミリー旅行計画★激安★9720円~
ご家族やご友人との絆を深めませんか 
** 2016年5月10日~9月30日限定 **

 ご家族で・親戚まとめて・気の合う仲間でのご旅行向けに、今年も「大家族スーパーセール」をやります。大広間(約30畳・4~10名OK)でみなさんご一緒に泊まれば、絆がもっと深まりますよ。夏休み期間でこの価格は激安ですよ!

詳細はこちらをクリック

60日前までのご予約で30%オフ! 
人気の「極上トロける黒毛和牛」付き
** 期間ナシの通年プラン。部屋数限定なのでお早めに **

 空きがあったらラッキー。60日前までのオトクな早割プランは公式サイトだけ! トロける食感がたまらない黒毛和牛肉の「握り寿司」「ステーキ」もセットに。
  満足していただける内容でおもてなしします。

詳細はこちらをクリック

その他の「しづか亭イチオシ!プラン」はこちらをクリック

登場人物紹介

  • 宿のあるじ・小林宏治
    心優しきオーナー。企画や経営のみならず、接客、そば打ち、農作業…なんでもこなす。口癖は「なんとかなるよ~」。
  • 女将・のぶちゃん
    朗らかな人柄で、宿内の雰囲気を明るくする存在。季節の花々をこよなく愛し、各部屋をはじめ館内のあちこちに花を生けている。
  • 料理長・親方
    一見すると厳格?怖い?と思いきや、柔和な笑顔がステキな加藤。菜園の採れたて野菜を、多彩にアレンジする達人。
  • 菜園・畠山 仁
    ほんわかムードの菜園担当。「いざ!畑仕事」と外に出ると、急に雨が降ってくるほどの超雨男。農作業はほぼ初心者。
  • 菜園・師匠 畠山・父
    経験豊富なアドバイザー。菜園担当・畠山の父であり、ここぞという時、心強い農業指導をしてくれる。鍬を持つ姿がダンディ。
  • にぎやか三人娘
    接客の千葉・齋藤・掃除の千葉。三人揃えば、黄色い声でわいわい。「カメラに向かって笑うって難しいけど」と言いながらこのスマイル。
  • モノ書き・小山
    宿のあんな話やこんな話を文章にして、写真と共にネット発信するための特命スタッフ。菜園で採れすぎた野菜をもらう係でもある。
  • 遊ぶ人・あやや
    母親の仕事にくっついて来る、モノ書き・小山の娘。菜園を走りまわっては、よく転びよく泣く。カメラを向けると変顔で返すお年頃。

奥州平泉温泉
そば庵しづか亭について

世界遺産の地・平泉にたたずむ小さな温泉宿。打ちたて・茹でたてにこだわった「手打ちそば」をはじめ、季節を取り入れた「田舎会席」、すべすべ肌になれる「源泉かけ流しの湯」でおもてなしをしております。大げさなことはなく、気取らず、自然体で。故郷のような懐かしい風情が魅力です。

  • ホームページ
  • facebook