#000 はじめまして

大地の力をいっぱい吸った野菜たちでおもてなしを。
2013年からの新たな取り組み。

↑2013年6月。まだ何もない、まっさらな菜園。ここに野菜やそば、花々などを植えていきました。
「これからどうなるのか?」不安と期待でいっぱいだった、こそばゆさを思い出します。

 「自分たちで作った野菜でおもてなしを」との想いからはじまった、しづか亭の新しい取り組みが自家菜園づくりです。宿の前に広がっていた林を切り開き、土を整え、野菜や果実など、宿で使う様々な食材を作りはじめました。もちろん、初めてのことばかりで、雨に降られて種が流れたり、石ころが多すぎて鍬が使えなかったり、水はけが悪くて花を腐らせてしまったり…とうまくいかないことだらけ。それでも、一生懸命に育てると植物たちは大地の力をいっぱい吸って、素晴らしい実をつけ、食べる人を体の奥から元気にしてくれます。

 菜園での作業は、はじまったばかり。自然の教えを学びながら、季節や人生の節目を大切に迎える気持ちも取り入れ、他にはない旅のカタチで笑顔の輪を広げていくのが、これからです。

←2014年9月。
いろいろな方のアドバイスと地元農家の方のお手伝いで、ようやく菜園らしい風景になりました。

1年目は何をやるべきかが見えずあたふたしましたが、2年目はやってないことが見えすぎてあたふた。それもまた、楽しい毎日です。

→念願だったそばの栽培も2013年からスタート。可憐な花が咲くと、美しい景色が広がります。

風に吹かれてざわざわと音が広がり、蜜を集める蜂たちの羽音がする…
花畑の前に立つだけで、心が晴れやかになります。

←↓菜園からできたそば粉は、本当にわずか。
だから、大切にていねいに、そばを打ちました。
味わってみて「うん、美味しい」としか言いようがなかったです。

だって、はじめてのそば栽培で苦労が多かったですから。

しづか亭 そば打ちができるプラン。ご自分の打ったそばを
ご家族等に振舞うなんて、こんなすばらしい「おもてなし」はありません。

しづか亭の大看板「そば」。「自分たちの手で、そばを育てて実を収穫したい」と奮闘して早2年目。
今年も無事そばの実を収穫することができました。「そばをもっと身近に感じて欲しい」との想いから
今年、「手打ちそば体験の宿泊プラン」を始めることにしました。

詳細はこちらをクリック

菜園や周囲の農家から頂く「お野菜」が兎に角おいしい。
野菜とお蕎麦の人気コース

菜園や周囲の農家で収穫された米、野菜を味わっていただくプランです。こちらも菜園でとれたそばから作る打ちたての二八そばは、歯ごたえがあり絶品です。旬の山の幸をふんだんに使用したお料理をぜひご賞味下さい!夕食はお部屋食ですので、ごゆっくりおくつろぎ下さい。

詳細はこちらをクリック

その他のプランはこちらをクリック

登場人物紹介

  • 宿のあるじ・小林宏治
    心優しきオーナー。企画や経営のみならず、接客、そば打ち、農作業…なんでもこなす。口癖は「なんとかなるよ~」。
  • 女将・のぶちゃん
    朗らかな人柄で、宿内の雰囲気を明るくする存在。季節の花々をこよなく愛し、各部屋をはじめ館内のあちこちに花を生けている。
  • 料理長・親方
    一見すると厳格?怖い?と思いきや、柔和な笑顔がステキな加藤。菜園の採れたて野菜を、多彩にアレンジする達人。
  • 菜園・畠山 仁
    ほんわかムードの菜園担当。「いざ!畑仕事」と外に出ると、急に雨が降ってくるほどの超雨男。農作業はほぼ初心者。
  • 菜園・師匠 畠山・父
    経験豊富なアドバイザー。菜園担当・畠山の父であり、ここぞという時、心強い農業指導をしてくれる。鍬を持つ姿がダンディ。
  • にぎやか三人娘
    接客の千葉・齋藤・掃除の千葉。三人揃えば、黄色い声でわいわい。「カメラに向かって笑うって難しいけど」と言いながらこのスマイル。
  • モノ書き・小山
    宿のあんな話やこんな話を文章にして、写真と共にネット発信するための特命スタッフ。菜園で採れすぎた野菜をもらう係でもある。
  • 遊ぶ人・あやや
    母親の仕事にくっついて来る、モノ書き・小山の娘。菜園を走りまわっては、よく転びよく泣く。カメラを向けると変顔で返すお年頃。

奥州平泉温泉
そば庵しづか亭について

世界遺産の地・平泉にたたずむ小さな温泉宿。打ちたて・茹でたてにこだわった「手打ちそば」をはじめ、季節を取り入れた「田舎会席」、すべすべ肌になれる「源泉かけ流しの湯」でおもてなしをしております。大げさなことはなく、気取らず、自然体で。故郷のような懐かしい風情が魅力です。

  • ホームページ
  • facebook