#013 2015 初秋(しょしゅう)

里山の草や花を摘んで染め物体験
「どんどん色が変わる!」と驚きの連続です

↑しづか亭周辺の里山に自生する「日本萩」を摘んで、まずは染めるための煮汁を作ります。萩の煮汁にまっさらな白い布を通すと、緑に変化。さらに、鉄などの触媒を加えることでさらに深い緑に

 秋は実りの多い「食欲の秋」…ですが、「芸術の秋」も楽しんでみませんか? 里山には、様々な草木があり、それぞれに色を持っています。その色に親しんでもらおうと、しづか亭では、8月25日に、染色家の千葉まちこさんをお迎えして、染色体験イベントを行いました。
 この日用意した染料は「むくげ」「朝顔」「しそ」「萩」「ねむの木」そして菜園で採れた「そば」。それらをまず煮出して汁を作るところからスタート。「朝顔」や「しそ」は前もって酢酸に漬けておいたものを使います。各煮汁に真っ白なシルクのストールを10分ほど漬けると…どうでしょう。みるみるうちに変化し、緑や黄色、ムラサキなど美しい色に染め上がりました。染料そのままの色でも十分ステキなのですが、さらに「色の変化を楽しもう!」と千葉さんが用意したのは、銅や鉄、チタンなどの金属系の触媒。これらを加えることで、さらに深みのある色合いに変化。それを、しづか亭の源泉でささっと水洗いし、陽射しにかざすと優しい色に。「いいね~」「この色も素敵」「なかなか出ないよ、この色」など、驚きと喜びの声が響きました。千葉さんによれば「同じ染料でも、人によって色が変わるんです」とのこと。この日も「むくげ」や「そば」など同じ染料を使ったものの、それぞれに異なった仕上がりとなりました。
 同じ色が出ないという一期一会な面白さは、体験してみると「もう1回やりたい!」となるハズです。次回の開催は、9月27日(日)、11月14日(土)。イベント終了後には、しづか亭自慢の手打ちそばが味わえるランチをどうぞ(ご希望の方のみ)。イベントの予約方法など、詳しくはコチラ→ 「野菜で染める~体験イベント~」

 

→この日は一関市内のお客様が参加。ご自身でも染め布を持参し、メモを取りながら熱心に千葉さんの話に耳を傾けていらっしゃいました。また「めんこいテレビ「平泉FAN」」の撮影もありました!

←「もっと落ち着いた色にしたい」「色味が足りたいなぁ」など、参加者からの要望に「じゃあ、チタンはどう?」「もっと時間を置いて」とテキパキと応じる千葉さん。「今日は色で遊んじゃおう!」と笑いながら、様々な変化を見せてくれました

→白い布を洗う時も、煮汁を作る時も、仕上げのすすぎにも、しづか亭の源泉を使いました。源泉の成分が反応して、千葉さんがご自宅で染める時と違った色合いになるのだそうです。使う水でも変わるなんて…ますます奥が深くてハマりそう♪

9月後半~10月初旬「栗駒山紅葉」でもみじ狩り!
“タラバカニ&黒毛和牛&松茸の土瓶蒸し”満喫プラン 
** 2015年9月22日~10月16日限定 **

 暑く厳しい夏も去り、東北の紅葉一番乗りを目指し 標高1626mの栗駒山は、徐々に赤や黄色へと色づき始めます。心地よい風を楽しみながら紅葉ドライブはいかが。“タラバカニ&黒毛和牛&松茸の土瓶蒸し”がついた秋の味覚プラン始めました!

詳細はこちらをクリック

60日前までのご予約で30%オフ! 
人気の「極上トロける黒毛和牛」付き
** 期間ナシの通年プラン。部屋数限定なのでお早めに **

 空きがあったらラッキー。60日前までのオトクな早割プランは公式サイトだけ! トロける食感がたまらない黒毛和牛肉の「握り寿司」「ステーキ」もセットに。
  満足していただける内容でおもてなしします。

詳細はこちらをクリック

その他のプランはこちらをクリック

登場人物紹介

  • 宿のあるじ・小林宏治
    心優しきオーナー。企画や経営のみならず、接客、そば打ち、農作業…なんでもこなす。口癖は「なんとかなるよ~」。
  • 女将・のぶちゃん
    朗らかな人柄で、宿内の雰囲気を明るくする存在。季節の花々をこよなく愛し、各部屋をはじめ館内のあちこちに花を生けている。
  • 料理長・親方
    一見すると厳格?怖い?と思いきや、柔和な笑顔がステキな加藤。菜園の採れたて野菜を、多彩にアレンジする達人。
  • 菜園・畠山 仁
    ほんわかムードの菜園担当。「いざ!畑仕事」と外に出ると、急に雨が降ってくるほどの超雨男。農作業はほぼ初心者。
  • 菜園・師匠 畠山・父
    経験豊富なアドバイザー。菜園担当・畠山の父であり、ここぞという時、心強い農業指導をしてくれる。鍬を持つ姿がダンディ。
  • にぎやか三人娘
    接客の千葉・齋藤・掃除の千葉。三人揃えば、黄色い声でわいわい。「カメラに向かって笑うって難しいけど」と言いながらこのスマイル。
  • モノ書き・小山
    宿のあんな話やこんな話を文章にして、写真と共にネット発信するための特命スタッフ。菜園で採れすぎた野菜をもらう係でもある。
  • 遊ぶ人・あやや
    母親の仕事にくっついて来る、モノ書き・小山の娘。菜園を走りまわっては、よく転びよく泣く。カメラを向けると変顔で返すお年頃。

奥州平泉温泉
そば庵しづか亭について

世界遺産の地・平泉にたたずむ小さな温泉宿。打ちたて・茹でたてにこだわった「手打ちそば」をはじめ、季節を取り入れた「田舎会席」、すべすべ肌になれる「源泉かけ流しの湯」でおもてなしをしております。大げさなことはなく、気取らず、自然体で。故郷のような懐かしい風情が魅力です。

  • ホームページ
  • facebook