#005 2014 仲冬(ちゅうとう)

歳神様に気持ちよく来てもらえるように
まっすぐな竹で作る「しづか亭」の門松

↑今年は菜園の入口にも、しめ縄飾りを立てて豊作を願います。ちなみに、このしめ縄飾り12月13日に名人に手ほどきを受けて作ったもの。2015年12月もしめ縄づくりやりますので、ぜひみなさまもご一緒に♪

 苦しむという語呂に通じる29日を避けて、門松を飾るなどの正月を迎える準備は28日に行います。ちなみに、30日に飾るのは「一夜飾り」と呼ばれ、歳神様のもてなす気持ちが足りないとされるので、この日に正月飾りを付けることも避けます。
 歳神様が宿るとされている門松。しづか亭では、大人の身長の3倍近くはある見事な竹を、近くの山からいただいて、松や花々と一緒に仕上げていきます。門松を飾りながら思うのは、無事に一年を過ごせたことや多くの方にしづか亭に訪れていただいたことへの感謝。そして、新しい年も良い出会いに恵まれますようにという願いです。
 皆様はどんな一年でしたか。そして、どんな一年にしたいですか。しづか亭の2015年は「平泉の良いもの」を、多くの皆様と分かち合いたいと思い、ネット通販を始める予定です。しづか亭を軸にして、地域と世界がつながる夢を描きながら、新しい年もいろいろな挑戦をしていきたいと思います。ご期待ください。
 2015年は、5月と9月にウレシイ5連休がありますよ!  宿泊のご予約は、しづか亭公式サイトへ。

→初詣や新年のごあいさつ、出かける機会の多いお正月は晴れるかどうかが気になるところ。ですが、豊作を願うなら雨か雪。というのも、正月三が日に降る雨や雪は「富正月(とみしょうがつ)」と呼ばれ、豊作のしるしとされているからなのです

←「これ切んの、大変だわ~」と大工さん(写真右)。今年切り出した竹は、昨年よりもだいぶ太くて、のこぎりを持つ手がビリビリとしてしんどい…ようです。でも、太くてしっかりしてるなら、きっとご利益ありますよね~♪

→節にかかるように竹を切ると…「笑って」いるように見えませんか? しかも「大笑い」。笑う門には福来る!

しづか亭 そば打ちができるプラン。ご自分の打ったそばを
ご家族等に振舞うなんて、こんなすばらしい「おもてなし」はありません。

しづか亭の大看板「そば」。「自分たちの手で、そばを育てて実を収穫したい」と奮闘して早2年目。
今年も無事そばの実を収穫することができました。「そばをもっと身近に感じて欲しい」との想いから
今年、「手打ちそば体験の宿泊プラン」を始めることにしました。

詳細はこちらをクリック

菜園や周囲の農家から頂く「お野菜」が兎に角おいしい。
野菜とお蕎麦の人気コース

菜園や周囲の農家で収穫された米、野菜を味わっていただくプランです。こちらも菜園でとれたそばから作る打ちたての二八そばは、歯ごたえがあり絶品です。旬の山の幸をふんだんに使用したお料理をぜひご賞味下さい!夕食はお部屋食ですので、ごゆっくりおくつろぎ下さい。

詳細はこちらをクリック

その他のプランはこちらをクリック

登場人物紹介

  • 宿のあるじ・小林宏治
    心優しきオーナー。企画や経営のみならず、接客、そば打ち、農作業…なんでもこなす。口癖は「なんとかなるよ~」。
  • 女将・のぶちゃん
    朗らかな人柄で、宿内の雰囲気を明るくする存在。季節の花々をこよなく愛し、各部屋をはじめ館内のあちこちに花を生けている。
  • 料理長・親方
    一見すると厳格?怖い?と思いきや、柔和な笑顔がステキな加藤。菜園の採れたて野菜を、多彩にアレンジする達人。
  • 菜園・畠山 仁
    ほんわかムードの菜園担当。「いざ!畑仕事」と外に出ると、急に雨が降ってくるほどの超雨男。農作業はほぼ初心者。
  • 菜園・師匠 畠山・父
    経験豊富なアドバイザー。菜園担当・畠山の父であり、ここぞという時、心強い農業指導をしてくれる。鍬を持つ姿がダンディ。
  • にぎやか三人娘
    接客の千葉・齋藤・掃除の千葉。三人揃えば、黄色い声でわいわい。「カメラに向かって笑うって難しいけど」と言いながらこのスマイル。
  • モノ書き・小山
    宿のあんな話やこんな話を文章にして、写真と共にネット発信するための特命スタッフ。菜園で採れすぎた野菜をもらう係でもある。
  • 遊ぶ人・あやや
    母親の仕事にくっついて来る、モノ書き・小山の娘。菜園を走りまわっては、よく転びよく泣く。カメラを向けると変顔で返すお年頃。

奥州平泉温泉
そば庵しづか亭について

世界遺産の地・平泉にたたずむ小さな温泉宿。打ちたて・茹でたてにこだわった「手打ちそば」をはじめ、季節を取り入れた「田舎会席」、すべすべ肌になれる「源泉かけ流しの湯」でおもてなしをしております。大げさなことはなく、気取らず、自然体で。故郷のような懐かしい風情が魅力です。

  • ホームページ
  • facebook