#031 2017晩秋(ばんしゅう)

天空が入れ替わったような鏡面
彩りに包まれた浄土の世界が広がっています

↑写真上は、毛越寺の大泉ヶ池。雲のないスッキリとした秋空が池面に映ると、天地が逆さまになったような不思議な感覚に。写真下は、同境内の手水場。今年は、11月半ばまで紅葉が楽しめますように

 紅葉が深まるこの時期は「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」と呼ばれる晩秋の末候です。今では「モミジ」といえば「楓(カエデ)」を指し示しますが、本来は「揉み出(もみず)」が語源。草木の色が、揉みだされるように変化してくる様子から「モミジ」という言葉が広がったそうです。植物の内面からぐっと湧き出してくるようなグラデーションこそが、見る者の心をとらえて離さない紅葉の素晴らしさなのでしょうね。平泉町内は、10月下旬から色付き始めて、なかなかの見ごろを迎えています。世界遺産の毛越寺、中尊寺には、いつもにも増してたくさんの方が訪れています。人混みに出かけるのがおっくうに感じるかもしれませんが、不思議なことに人出が多くても境内の穏やかさ、清々しさはいつも通り。この時期だけの色付きの平泉をぜひ旅してみてください。初冬を迎える前のフィナーレを飾ってくれている紅葉に包まれてみてください。

 

→今年は「紅葉銀河」と題して、中尊寺の参道がライトアップされています。~11月12日までの期間限定で、時間は16~18時まで。紅葉はもちろん、ライトアップされた歴史的な建物がぐっと迫ってくるような見ごたえがありますよ

←平泉町内のイチョウ並木。JR平泉駅を降りて、中尊寺方面へ向かう幹線道路添いにあります。スッと伸びたイチョウの木が、鮮やかな黄色に染まるといつもより華やかな道に見えます

→個人的にオススメなのが、毛越寺の隣にある「観自在王院跡」。大きな池には越冬中のカモが悠々と泳ぎ、広々とした敷地内では近所の子ども達が遊びまわっています。ベンチもあるので、散策しながらちょっとぼんやりする時間に浸るには良い場所ですよ

公式サイトオリジナル
“しづか亭受注実績1番「田舎会席」プラン” 
** 期間ナシの通年プラン **

 しづか亭の宿泊プランのなかでも、定番として人気のあるのが「田舎会席」プランです。菜園たゆたうで採れた野菜を中心に、手打ちの二八そば、美味しいお米、県産肉などこの地ならではの味を集めました!美人の湯とともにお楽しみください。

詳細はこちらをクリック

60日前までのご予約で30%オフ! 
人気の「極上トロける黒毛和牛」付き
** 期間ナシの通年プラン。部屋数限定なのでお早めに **

 空きがあったらラッキー。60日前までのオトクな早割プランは公式サイトだけ! トロける食感がたまらない黒毛和牛肉の「握り寿司」「ステーキ」もセットに。
  満足していただける内容でおもてなしします。

詳細はこちらをクリック

その他の「しづか亭イチオシ!プラン」はこちらをクリック

登場人物紹介

  • 宿のあるじ・小林宏治
    心優しきオーナー。企画や経営のみならず、接客、そば打ち、農作業…なんでもこなす。口癖は「なんとかなるよ~」。
  • 女将・のぶちゃん
    朗らかな人柄で、宿内の雰囲気を明るくする存在。季節の花々をこよなく愛し、各部屋をはじめ館内のあちこちに花を生けている。
  • 料理長・親方
    一見すると厳格?怖い?と思いきや、柔和な笑顔がステキな加藤。菜園の採れたて野菜を、多彩にアレンジする達人。
  • 菜園・畠山 仁
    ほんわかムードの菜園担当。「いざ!畑仕事」と外に出ると、急に雨が降ってくるほどの超雨男。農作業はほぼ初心者。
  • 菜園・師匠 畠山・父
    経験豊富なアドバイザー。菜園担当・畠山の父であり、ここぞという時、心強い農業指導をしてくれる。鍬を持つ姿がダンディ。
  • にぎやか三人娘
    接客の千葉・齋藤・掃除の千葉。三人揃えば、黄色い声でわいわい。「カメラに向かって笑うって難しいけど」と言いながらこのスマイル。
  • モノ書き・小山
    宿のあんな話やこんな話を文章にして、写真と共にネット発信するための特命スタッフ。菜園で採れすぎた野菜をもらう係でもある。
  • 遊ぶ人・あやや
    母親の仕事にくっついて来る、モノ書き・小山の娘。菜園を走りまわっては、よく転びよく泣く。カメラを向けると変顔で返すお年頃。

奥州平泉温泉
そば庵しづか亭について

世界遺産の地・平泉にたたずむ小さな温泉宿。打ちたて・茹でたてにこだわった「手打ちそば」をはじめ、季節を取り入れた「田舎会席」、すべすべ肌になれる「源泉かけ流しの湯」でおもてなしをしております。大げさなことはなく、気取らず、自然体で。故郷のような懐かしい風情が魅力です。

  • ホームページ
  • facebook